HOME Soundgraphy TOP CHAGE Solo/MULTI MAX TOP2nd



2nd

1998年10月21日発売。CHAGE初のソロアルバム。とにかくジャケット写真がかっこいいです。CHAGEらしい明るくのびやかな曲が満載です。



1 PATIENCE

作曲:CHAGE 編曲:クサクサーズ

最初聴いたときは「なんじゃこりゃ」と思いましたね。タイトルを見た瞬間、頭を殴られた気がしました。「我慢」とは…。(CHAGEは痛みという意味で使っていますが)ものすごい音楽センスです。ところが次の「トウキョータワー」とちゃんと連動しているんですよ。

                   
2 トウキョータワー

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:十川知司

いろんな痛みを抱えながらも、人を明るくさせる人って強いですね。この曲を聴くとそう思います。CHAGE得意の、悩みさえも明るく歌い上げる曲です。たまには東京タワーに昇ってみるのもいいのではないでしょうか。

                   
3 GIVE&TAKE

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:クサクサーズ

男同士の友情を歌った曲です。言いたいことははっきり言うけど、困ったときには助け合えるよい関係。ASKAの「花は咲いたか」に通ずるものがあります。CHAGEの明るく爽やかな歌声がメロディによく合います。

                   
4 [7]

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:西川進

この曲好きです。ガンガンくるイントロとCHAGEの遊び心たっぷりの歌い方がいい。CHAGEは恋愛を普遍的なものと捉えているようで、世界や歴史にたとえたものが割とありますね。壮大なイメージでなおかつ明るく希望があります。この曲も「恋愛にはいろんな障害があるけど、7つの海を泳ぐくらいの勢いで行こうじゃないか。でもあんまり力まなくてもいいよね〜」という感じのCHAGEらしい楽天性がうかがえて面白い。

                   
5 TRANCE ENTRANCE

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:Keiji Tanabe

タイトルが面白いですね。トランス(夢うつつの世界)へのエントランス(入り口)という言葉遊びになっています。夢の世界で思いっきり遊ぶ恋人同士を歌った、おとぎばなしのようなかわいらしい曲です。CHAGE得意のゆったりした不思議な感じのメロディではじまり、サビでふわっと広がるところが気持ちいい。ちょうど恋人同士が夢の入り口にさしかかった部分で、ちゃんとそのイメージどおりに曲が広がっていつるのが素敵ですね。

                   
6 undo

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:宮内和之

「トウキョータワー」のカップリング。シングルのコーナーをご参照ください。

                   
7 Mr.Liverpool

作詞:CHAGE 作曲:村上 啓介 編曲:村上啓介 宇佐元恭一

スローバージョンです。

                   
8 U.P.K

作詞:CHAGE 作曲:Shin'ichi Yaguma 編曲:SPARKS GO GO

       

                   
9 12色のクレヨン

作詞:Midori Ito 作曲:CHAGE 編曲:Keiji Tanabe

       

                   
10 僕が見つけた気持ちのいい場所

作詞:CHAGE 宇佐元恭一 作曲:CHAGE 宇佐元恭一

       


11 CRIMSON

作詞:CHAGE 作曲:CHAGE 編曲:村上啓介

リストには載ってませんが、アレンジされたCRIMSONが入ってます。MULTI MAXっぽい熱く激しいサウンドに生まれ変わっています。CHAGEはこの1曲の中で、いろんな声・歌い方をしていますね。


                  
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー