HOME Soundgraphy TOP CHAGE&ASKA Album TOPMIX BLOOD



MIX BLOOD

1986年9月21日発売。オリコンチャート最高3位。売り上げ枚数12.3万枚。ジャケット写真はCHAGEとASKAをコンピューターで合成した顔がデザインされています。



1 EXPLOSION

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三 THE ALPHA

                   
2 MIX BLOOD

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三

こんな英単語ないと思いますけど、今でいうハーフのことですね。国境を越えた愛、種族を超えた愛。はるか昔、新しいものを求めて命をかけた古代人のロマンに思いを馳せます。エキゾチックな曲です。詩的で美しい言葉が並びます。転調も見事。アンサーソングである「月のしずく」との関連もお見逃しなく。

           
3 TEKU TEKU

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三

                   
4 不条理なkissを忘れない

作詞:澤近隆 作曲:CHAGE 編曲:新川博

女はやっぱり愛を言葉で確かめたいんですよね。男としてのポリシーにはそぐわないんでしょうけど。それでも一緒にいる二人。CHAGEが渋い声で歌ってます。初めて聴いたときからメロディーラインが印象に残る曲だなと思いました。考えてみるに、サビの方が他の部分よりキーが低いからなんですね、多分。

                   
5 黄昏を待たずに

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三 飛鳥涼 THE ALPHA

シングルのコーナーをご参照ください。

                   
6 Newsにならない恋

作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:久石譲

早見優に書いた曲。大人の恋愛に憧れる少女を歌ったような感じですね。逢うたびに新鮮味がなくなっていく恋を「Newsにならない」と表現しています。コミカルなメロディでかいらしい歌です。全編を通してかちっと揃ったふたりのユニゾン・ハモリが聴けます。

                   
7 ADIOS SENORITA

作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:佐藤準

ラテン系の明るく陽気な曲です。そのため「俺」の寂しさが際立ちますね。強烈な印象を残して「俺」の前から消えた女性。まあ、こんな一瞬の恋もいいもんだ、そんなイメージでしょうか。

                   
8 かけひき

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:新川博

                   
9 シングル・ベッド

作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:瀬尾一三

ダブル・ベッドに1人で寝るのでシングル・ベッドなんです。「2」という数字がキーワードになっています。

                   
10 やっぱりJAPANESE

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三 飛鳥涼

飛鳥はこの曲がとても気に入っているようなのですが、今まで「この曲好きです」と言われたことが一度もないそうです。正直言って個人的にそれほど好きな曲ではないですね。まったりとしたメロディラインはいいと思いますが、ホームシックにかかったような詞が気弱な感じでです。でもかすれ気味の優しい飛鳥の声に癒されるかもしれません。

                   
11 月のしずく

作詞:飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三

「MIX BLOOD」のアンサーソングの役割をしています。メロディーラインは変わっておらず、歌詞も一部同じなのですが、スローテンポにアレンジされ、まるでイメージの違う曲になっています。しっとりと、それでいて壮大な感じです。疲れたとき、一息つきたいときにおすすめ。

                   
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー