HOME Soundgraphy TOP CHAGE&ASKA Single TOP指環が泣いた



指環が泣いた

1986年11月21日発売。オリコンチャート最高18位。売り上げ枚数2.8万枚。



1  指環が泣いた

飛鳥涼 作曲:飛鳥涼 編曲:佐藤準

この指輪はルビーでしょうか。だとしたら婚約指輪の可能性もありますね。男の嘘に気づき、別れを決意した女性。その別れの瞬間を男の脳裏に焼きつけるために、指輪を投げつけます。女性の目を通した情景描写が細やかでリアルです。イントロもスリリングで、サビにかけて畳みかけるようなメロディーラインが続きます。CHAGEの横メロも効果的。

                   
2 やさしさの向こう側

作詞:澤地隆 作曲:CHAGE 編曲:栗原正己

アルバム未収録。今日こそは思い切って彼女に愛の告白をするつもりだったのに、失恋した彼女をなぐさめる役にまわってしまう男の話。淋しさを隠して、おどけ役に徹します。「この恋おいらのからまわり」とは対極に位置する曲ですね。CHAGEの歌声がとても優しく響きます。彼女を「あなた」と呼ぶのも素敵。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー