HOME Column> 声 Part2



声 Part2





ASKAの歌を歌ってみる。どれだけ頑張っても違う歌のように聴こえます。わたしが下手だからか?まあそれもあるでしょうが、CHAGEの歌を歌ったときはそれなりに聴こえます。やっぱ声の細さでしょうか。わたしは女ですからね。ASKAがファルセットで歌った歌ならそれなりに聴こえる。なんでだろう。やはりこれは声の幅にあるのでしょうね。

前にも書きましたが、ASKAの声には幅があり、CHAGEの声にはない。わたしの声にも当然ない。最近CHAGEがASKAの歌を歌ってますが、わたしがASKAの歌を歌ったときの感じに似てるんですよね(おいそれは失礼だろう!)。声が細いために聴いて違和感を感じる。でも決してCHAGEの音程がはずれているわけではありません。ASKAの声はピアノでポンと叩いた1つの音の上に覆いかぶさっている感じがします。同時に他の音も一緒に出しているような。ちょうど指の太い人が計算機のボタンを2ついっぺんに押すような感じです(なんじゃそりゃ)。逆にCHAGEはピンポイントでその音を出しているので透明感のある声なんだと思います。聴かせる声、それって天性の才能ですよね。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー