HOME Column> ○○の△△で



○○の△△で





ASKAの詞には暗喩がよく使われます。「〜のような」を使わずにたとえを表現する方法です。これが彼の詞のひとつの特徴だと思います。

「恋人の顔をしながら君の瞳で」(『君が家に帰ったときに』より)、
「アクセサリーの顔でおいで」(『MOZART VIRUS DAY』より )、
「ミュージカルの景色で」(『クルミを割れた日」より)、
「殺し屋の黒い革手袋の薄さで」(『夢の番人』より)、
「君は夏の日の風のやり方で」(『風の引力』より)、
「蟻の動きで人が集まる」(『ある晴れた金曜日の朝』より)など。

「〜のような」にしてしまうと途端に陳腐なものになってしまうんですよね。すばらしいセンスだと思います。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー