HOME TUG of C&A FC会報 TOPTUG of C&A FC会報 '92



'92





Jan.
                                       
Feb.

Mar.

Apr.

「C&A広辞苑」は「や」。


May.

Jun.

Jul.

Aug.

特集は「if」のテレビスポットのメイキングリポート。「C&A広辞苑」は「り」。「五臓六腑に滲み渡る!」のテーマは「衣食住について」。日本に比べてなにかと不便を感じるCHAGEが、ロンドンでの生活を明るく書いています。日本の便利さ・治安の良さを納得させられました。


Sep.

特集はロンドンでのレコーディングリポート。「C&A広辞苑」は「る」。


Oct.

特集はロンドンでのスチール撮影のリポート。 「C&A広辞苑」は「れ」。「けれど空は青 飛鳥涼論」のテーマは「ハーフトーンについて」。ハーフトーンとは彼独特の「表声の歌い方で出した裏声」のこと。喉を痛めず、声域も広がるらしい。しかし、まだ日本でハーフトーンを使えるアーティストは少ないようです。

 
Nov.

特集はアルバム「GUYS」のレコーディング秘話とライナーノーツ。各曲ごとに二人の解説がついています。「C&A広辞苑」は「ろ」。CHAGEがロボットについて「コピーロボットに仕事をさせて、その間に自分は温泉で休めればどんなにいいか」というようなことを語っています。それが「NOT AT ALL」のオープニングムービーにつながったんですね。映画の中だけでも願いが叶ってて素敵だと思いました。

                                              
Dec.

特集は「GUYS」のビデオ「Go to Eleven」撮影リポート。


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー